【簡単】Texの導入方法を解説してみた!!

プログラミング

今回は「Tex」の導入方法について解説したいと思います。

少しややこしかったので、丁寧に解説していきたいと思います。

※インストールに時間がかかります!(2時間くらい)十分時間があるときにやってください。

※windowsでの説明になります。他のOS(Macなど)をお使いの方は参考にならないかもしれません。

スポンサーリンク

Texの導入方法

TexLiveを使う

Texの導入には「TexLive」というディストリビューションを使います。

詳しくはこちら↓

TeX Live - TeX Wiki

国際的にも使われているそうなので信頼できるかと思います。

TexLiveを取得

ではTexLiveをインストールしていきましょう。

こちらのリンク

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/

にアクセスすると

このような画面になるかと思います。

こちらから「install-tl.zip」をダウンロードして、解凍します。

解凍した後、フォルダの「install-tl 」→「 install-tl-(日付)」に移動します。

すると

「install-tl-windows.bat」があるかと思います。

こちらをクリックしていただくとインストールが始まります。

インストール

「install-tl-windows.bat」 をクリックするとこのような画面が出てくるかと思います。

少し待っていると

このような画面があらわれます。

特に変更する必要はありませんが、インストール先(僕の場合は「C:/texlive/2019」)を覚えておくと、「TexLiveどこだっけ…」とならなくていいかと思います。

右下の「インストール」を押してインストール開始です。

2時間ぐらい待つ

このような画面が現れるかと思います。

すべて終わるまで2時間ぐらいかかったので、気長に待ちましょう。

texmf.cnf

インストールが完了したら

こんな感じの画面が出てくるかと思います。「閉じる」で閉じましょう。

次は「texmf.cnf 」というファイルの設定です。

以下のようなファイルをアプリ「メモ帳」で作りましょう。

 
%put this in C:\texlive\texmf-local\web2c
%
shell_escape_commands = \
bibtex,bibtex8,bibtexu,pbibtex,upbibtex,biber,\
kpsewhich,\
makeindex,mendex,texindy,\
mpost,pmpost,upmpost,\
repstopdf,epspdf,extractbb

guess_input_kanji_encoding = 1

TEXLIVE_WINDOWS_EXTERNAL_GS=gswin32c.exe

作れたら名前を 「texmf.cnf 」 として「 C:\texlive\texmf-local\web2c\texmf.cnf 」保存します。

こんな感じです。

TexWorks

「TexWorks」はTexを作るためのエディタのようなものです。

ショートカットを作って簡単にアクセスできるようにしましょう。

「C:\texlive\2019\bin\win32\texworks.exe 」

にあるのでアイコンを右クリックしてショートカットをデスクトップにつくっておきましょう。

日本語設定

ショートカットを作ったらクリックしてTexWorksを起動します。

日本語設定をしていきます。

まず、

「編集」から「設定」そして

「タイプセット」から下の方の「+」をおし、

名前:pdfpLatex
プログラム:ptex2pdf
引数:-l
-ot
$synctexoption -guess-input-enc -kanji=utf8
$fullname

としていきます。

引数は一行書くごとにヨコの「+」を押してください。

コマンドプロンプト

次にコマンドプロンプトを開いて

何もせず

 mktexlsr 

と打ち、Enter。処理が行われます。

次に

 kanji-config-updmap ipaex 

として、Enter。また処理が行われます。

するとこのようになります。これでTexが使えるようになります!!

試し書き

では試しに

\documentclass{jsarticle} 
\begin{document} 
こんにちは
\end{document} 

と打ち込んで左上の矢印アイコンをクリックしてみましょう。

するとなにやら処理をした後にこのようなpdfができると思います。

これが無事出せれば完成です!!お疲れさまでした。

参考

TeX Live/Windows - TeX Wiki
https://www.isc.meiji.ac.jp/~mizutani/tex/install_win.html
WindowsユーザのためのpLaTeX環境 (TeX Live 2017)
LaTeX入門/レポート - TeX Wiki
タイトルとURLをコピーしました